平成18年度開始から13年年間続けてきたYahooブログからのお引越し
新鮮な気持ちで邁進してまいります
アニポケは1週間遅れ放送ですが、考察しています
毎日様々な記事を書いています。
Twitter https://twitter.com/hikari_togekiss

長い残暑

天気 曇り
暦の上では今日から秋となる立秋、だがそう簡単に涼しくなるはずもなく、むしろこれから本格的に
なるくらいである、今年はマスクも常時だけになおさらであろう。

セミ

天気 晴れ
梅雨も明け本格的な夏が訪れる、あちこちでセミの鳴き声も聞こえるようになってきた
ただあまりにも熱くなりすぎると鳴かないとか聞いたことはある

ポケモンバーチャルフェスト

天気 曇り
夏休み期間といえば昔「ポケモンなつやすみ大作戦」というゲームが楽しみであった、その進化系
ともいえる「ポケモンバーチャルフェスト」が今月12日から始まるらしい、PCやスマホで
遊べるミニゲーム集だそうで、楽しめるかもしれない。

永遠の学び

天気 曇り
イタリアにあるシチリアで世界最高齢96歳で大学を卒業されたことが話題となっている
パテルノさんという方で、歴史と哲学を学ばれたそうだ、新型コロナの影響で講義が進んで
いなかったのだが、なんとオンラインで学び、卒業にこぎつけたそうだ
米国では四十路からでも大学に通うのは珍しくないとは聞いているが、学びを突き詰める
心に励まされる思いだ。

桁外れのV字大復活

天気 曇り
異様な展開で進められた大相撲七月場所、幕内最高賜杯はなんと照ノ富士、大関昇進が
非常に早かったものの、その後病気やけがに苦しみ、序二段にまで陥落するも、そこからの
大復帰、そして幕内にもどってきてから賜杯を決めた、まさかこんな光景を見られるとは
人間の底力を咀嚼した

新アニポ感想 「いやいやピカチュウ、やれやれバリヤード」

天気 晴れ

あらす

サトシの言動に憤りを覚えたピカチュウはサクラギ研究所を飛び出すものの、無事にサトシと再会する

 

感想

ピカチュウってやっぱりかわいいんですね、はい今週はこれで感想終わりです

 

 

でもいいんじゃないか?って思うくらいに終始ピカチュウの表情が豊かでした

冒頭のベンチに座ってふれくされる姿に、激昂状態に、ヒッチハイクに、川に流される状態に

その上巻末にはサトシに電撃を浴びせた後してやったり顔まで見せてくれます、今回の騒動発端ですが

いくら熟練のサトシとはいえまだ発展途上であることを示しているのと、拠点がクチバシティというのも

大きい、メッソンゲット時やラビフットに言ったか?とゴウにポケモンの触れ方を伝えている彼とはいえ

彼が完ぺきではない、彼もまだ成長していく段階であることが伺えます、これに加えて二件の要素も

加わります、一件目はリオルです、仮にリオルがあそこまで好戦的なキャラでなければ、サトシも

ピカチュウに視点が向くでしょう、尤もこれはピカチュウ視点からすれば単なる言い訳にすぎません

つまりサトシはあの好戦的なリオルの性格を重んじながら、他のゲットしたポケモンのことも考慮する

ことが問われます、ことポケモンとなればかなり器用且つ多角的に捉えられる彼ですが、これを今作

から歩みだしたと換算し、またゴウからみてもサトシがこれから伸びていく先輩であることを感じる

こともできますし、リオルがルカリオやひいてはメガルカリオになることも射程圏内にある中

一筋縄ではいかないポケモンとの触れ合いをどのように行うのか?彼の技量が今作の楽しみとして

一つにあげられるかもしれません

 

もう一件は題目にもあるバリヤードの存在です、ピカチュウが飛び出して以降かなり面倒見のいい姿が

垣間見えます、バリヤードをゲットしたのは無印で、それ以降はハナコママやオーキド邸にいる姿が

見られます、番外編でヤマトとコサンジ(コサブロウ)がオーキド研究所を奇襲した際に、バトルしていた

姿も見られましたし、前作でも母と共にアローラに訪れた姿は見られたものの、これほど十二分に

バリヤードを見られる姿は初めてです、今作ではバリヤードがサトシとゴウの周囲を手伝っていることを

考慮すればこうした物語があっても不思議ではありませんね

 

そして題目からしてバリヤードが活躍したのは言うまでもないですが、それに匹敵あるいはそれ以上に

活躍したのがハナコママです、ピカチュウが寂しがっていることを汲み取り子守唄を口ずさみながら

就寝に至ります、後にサトシもしますが、これが母から子に伝わり、そしてピカチュウとサトシの関係

回復にこぎつけるとは、魅せてくれますね、またピカチュウを軽くしかる姿も見られます、サトシからすれば

じぶんの軽率が招いたことであることをコハルからも言われたと反省しますが、母からすれば

ピカチュウがすがたをくらまし、息子が居ても立っても居られない状態になっているわけですから

ピカチュウがやったことを伝えることも頷けますね、母の魅力を伝えるためにもあえてサトシを
今回のような設定にしたともとらえることができますね。

 

巻末の大好きな人がすぐそばにいるといいという言葉は名言ですね。

 

 

本日の放送の中から選ぶ珠玉の一枚を選ぶ今週の一枚、今回はピカチュウです、まさか第一話を

重ねてくるは、アニポケ侮れないです

今週


8月突入

天気 晴れ
今日から8月、関東や東海も梅雨明けし本格的な夏が訪れる、子供たちも夏休みには突入するものの
何しろいつもと違う夏、自宅にての楽しみ方も必要になってくるかもしれない。

西日本梅雨明け

天気 晴れ
近畿地方も梅雨明けとなった、これで西日本全体が梅雨明けとなり、本格的な夏となる
しばらくは暑さに警戒である。

当分行けない?

天気 曇り
全国で再び新型コロナの感染者数が増加し始め、大阪も増えてきた、このままではつぼらやに
訪れる予定もご破算となる、いったい大阪いけるのはいつになるのか?

最上川

天気 曇り
山形県の最上川で反乱が発生している、今年はこうした地域が多い、被害も時間がたつにつれ
肥大化しかねない故に収まりも早くなってほしいところ

長雨

天気 曇り
今年の梅雨が異常に長い、いつもの年なら既に梅雨明けになっているはずだが、東北などはこの先も
梅雨らしい天気が続くそうで、まだまだ過ごしにくい季節が続きそうだ。

第二六話 「完結ヨロイビギニング」

天気 曇り
ヨロイビギニングが終了しました、今朝何とか二連勝はしたのですが、昨日の三連敗があまりにも
ひどすぎた、その要因はヌメルゴンだ、今回の大会ではポリ2・モロバレル・ラッキーといった
難攻不落とキングドラやウルガモスを徹底して対策を練ってきたのですが、剰えポリ2が一度見ただけ
残りのポケモンは選出画面すら見ないというまさかの事態、ギリギリまでマリルリをいれるか
迷っていたのですが、完全にアダになってしまったのだ、無念なり

新アニポ感想 「ぱちぱちやきもち!ワンパチのきもち」

天気 雨

あらす

サクラギ所長宅に迷い込んだマメパトは手持ちのトレーナーネームへと帰ることができた。

 

感想

今回はコハルが主役回ということで、サトシとゴウはかなり控えめ、その中でも見せてくれたのは

メッソンです、例の涙によってサクラギパーク内でも涙連発、バタフリーやドクケイルは過去にもありましたし

系統が類似しているモルフォンはまだわかりますが、ストライクにゴルーグにカイリューなどいかにも

勇ましいポケモンも泣いているのですから、これは貴重です。そこをなだめたのはカイリューで

優しい抱きでそれを静止していく、この包容さは荒波のカイリューたちを助け合っていたことから

考慮すればわかります、またサトシはカイリューにいつものやつと依頼します、おそらく館内にメッソンが

来て、最初にカイリューがこうした行為を見せてから恒例となったのだろうと推察できます、それを

しっかり観察し、伝えられるのもサトシはしっかりしていますね、バトルのみならず、以前のパーク

ドタバタ回でホシガリスが貯めるための食材もいることがゴウと互いに確認したことも考えれば

彼の視野広大は今作も目立つところです。

 

サクラギ一家にマメパトが迷い込んでくる、後に判明しますが、オニドリルが襲撃したのが要因だった

ようです、ケガをしているので、手当てがてら暫く家内で過ごすことに、ワンパチをみたマメパトは

最初は驚くものの、ワンパチの背中が気に入ったようで居座り続ける、いくらひこうタイプとはいえ

常に振動しつづけるワンパチの背中にあれだけバランスよくい続けるのですから身体能力のなかなかのもの

実際のトレーナーがレーサーだったようで、それも頷けます

 

コハルがマメパトのことを気に入ったことからワンパチは嫉妬を抱くようになったと博士が推測

それを説明にするにジェラシーという言葉が登場、SNSは自分も使っているので理解できているとして

インフルエンサーなどカタカナ語が最近用いられ、おっさんの僕にはやや混乱気味

(そうえいばXYの時にニャースからゴスロリの意味を教えてもらったこともあった)

とはいえ電話ボックスを知らないという場面を見せるなど、最近要素をかなり取り入れているのは

確かですね、こうした時代背景に照合させるのが難しいアニメもありますし、ましてポケモン登場させ

ながらの併用はかなり大変だとは思いますが、かなり的確ですね。

 

なぜワンパチがここまでコハルになついているのかが説明される、それはまだ彼女が幼少のころ

ワンパチにどっかいえばいいと突き放してしまい、本当に行方不明になってしまう、ワンパチを

捜索する中、コンパンに教われそうになるところをワンパチが救出、それ以降ワンパチはコハルの部屋で

就寝し、彼女の用意したフーズしか摂取しないようになった、コハルの行動が余程気に入ったのだろう

 

この幼少経験というのはかなり重要な演出で、たとえばカスミが水ポケモンで唯一ギャラドスが苦手だった

ことの経緯があり、それを乗り越えたように、セレナが一歩踏み出せない経験が幼少であったようにと

過去キャラもこうした設定は用意されています、コハルにとってこのコンパンがいまだ何かしたい

答えを出せないのと関係があるようには見えないものの、すくなくともワンパチがコハルの背中を

押しているのは間違いないようで、それは父であるサクラギ博士も伝えている、襲撃してきたオニドリルに

コハルとワンパチに任せます、これは嫉妬するほど仲の良い関係という博士としての伝達と

父親としての伝達の双方が見られます、以前母親が夢かこれから探し出せばよいことを伝えていますが

父はこの関係を活かしていくように、そしてコハルがそうた能力を持っていることを伝えていることも

分かります、彼女がこれからどのような道を歩むにしても父母ともに娘を大切に育てていること

そしてコハルがそうした経験が蓄積されていくことで伸びていくことが伺える話でした、その証拠に

ソウタにマメパトが本当のトレーナーのもとに帰ったのが伝えています、ワンパチとの経験故の

台詞ですね。そして父を改めて尊敬したのも同じですね

 

本日の放送の中から選ぶ珠玉の一枚を選ぶ今週の一枚、今回はサクラギ一家です、まさか

アニポケの中で任天堂スイッチ見ることになるとは

今月

第二五話 「苦戦!ヨロイビギニング」

天気 雨
ヨロイビギニングは大会二日目、ニョログドラ構築で回そうとするも、キングドラが予想以上に
火力に乏しく、負け続ける、なんとか一勝はしたものの、こりゃ大変だ

第二四話 「開幕!ヨロイビギニング」

天気 曇り
ヨロイビギニングが始まった、過去作から連れてきたニョロトノを今作でも使えるよう変更した
心算がしていなかったことが発覚、その焦りもあったのか、黒星発進となってしまう
果たして不穏な始まりをぬぐい切れるのか?

音楽にて暑中見舞い

天気 曇り
NHKFMでクラシックリクエストという番組を本日やっていました、6時間に及ぶ番組で
クラシックリで暑中見舞いが議題である、様々な作曲家の音楽が聴けていい時間である

高温多湿

天気 晴れ
ここ数日暑さが本格的になり始めた、日中はもちろん、朝晩もかなりの暑さである
今年はマスクも装着しているゆえになおさらだ、うまく対策取っていきたいところです。

桃鉄スイッチ版vs冠雪原?

天気 晴れ
桃鉄のスイッチ版が11月に発売されることが確定、これはポケモンの追加コンテンツ第二弾
冠の雪原とほぼ同じ機器、果たして両立できるのか?

大活躍円谷光彦君

天気 晴れ
YouTubeで毎日一話ずつ公開されていくコナン、昨日公開された命がけの復活シリーズ第二章では
負傷したコナン君に変わり、少年探偵団が大活躍、コナンを運び続ける元太君と、話にちゃんと
ついていける歩美ちゃん、そして光彦君だ、と・竜・玉で将棋だと推測、図表もとても綺麗
そしてなによりこれが通常の状態ではないこと、学校でやっているという状況でもすごいが
負傷したこなんくんを一刻も早く病院に搬送する必要がある、しかも犯人にみつかれば拳銃で
襲撃されかねない状況であり、作り物といってしまえばそれまでとはいえ、この三人も
非常に優秀である。

新アニポ感想 「めそめそメッソン」s

天気 曇り

あらす

ゴウはメッソンをゲットした

 

感想

前回に引き続きガラル地方のシュートシティにいる一行、彼らはご馳走を堪能中

(カレー好きの僕としては欲しくなる)

すると食べ物のがこつぜんと姿を消す、その正体をジョーイさんに訊ねる

特徴を正確に伝えているあたりなかなかです、それはメッソンで、臆病なことから町ではあまり

見かけないらしい、水分で周囲に溶け込むことができる能力からカクレオンのように姿を消す能力が

ある

噴水に隠れたのかもしれないメッソン、その能力を気に入ったゴウは誘うが反応が見られない

ゴウは思わずボールを投げると、なんと投げた先にメッソンが隠れていてボールに入るという形に

意外なゲットはカスミのコダックなどもあったが、この流れは史上初、まさかの出来事に一行も

驚く中、スナヘビが登場し、ゴウは早速ゲットを試みるが弾き出されてしまう、そこで相性の良い

メッソンでバトルしようとするが、メッソンは泣いてしまい、スナヘビに逃げられてしまう、この

涙は強力で、玉ねぎ100個分に匹敵するほどだ、川沿いに見失ったメッソンを探す中

ゴウは自分が無理にバトルをさせてしまったのが要因で、逃げだすのも無理はないと落ち込んでしまう

ゴウがこうした弱気になるのも意外でしたが、ラビフットの関係もあるのでしょう、サトシがピカチュウは

勿論ゲットしたばかりのリオルともうまくやっている状況を側で見ているのですから、その差異を

肌で感じているのでしょう、ここでサトシが一言添えます、先輩としての名言

「だったら次上手くやればいい、さっきゲットしたばかり、最初からうまくいくわけない」

こりゃそうした経験を繰り返してきたサトシならではですね、リザードンが有名ではあります、長期間

でしたし、関係が保てない状況が著しかったのですから、それ以外にもミジュマルといった癖の強いポケモンに

ゲッコウガのようにお互い歩み寄ることを忘れての失敗もあります

また彼はカスミのギャラドス・ハルカのフシギダネ・ヒカリのマンムー・アイリスのカイリューとドリュウズ

リーリエとポケモンなどその触れ合いに悪戦苦闘したことを見ています、いかにして自分がポケモンと

向き合えばよいのか?これはゴウにも言えることです、以前「ちゃんとラビフットに言ったか?」という

若干怒り気味の台詞も併せ、先輩であるサトシはゴウに的確に指導していきます

この経験を踏まえ、ロケット団を退けた後、メッソンに臆病であるが故周りを注意深く観察できる

それは自分や周囲が傷つかないよう出来ることで、メッソンは強い子であると伝えます、ゴウがサトシや

ポケモンたちと触れて変わってきた、それ学んできた、あのメッソンの涙を肯定的に捉えられるように

なり、彼も少しずつ成長していることが伺えますね、

 

 

本日の放送の中から選ぶ珠玉の一枚を選ぶ今週の一枚、今回はモルペコです、メッソンも可愛いのですが

モルペコもとてもかわいいですね、今後ロケット団と関わるのかどうか不明ですが、まさかはらぺこスイッチ

発動して吹っ飛ばされる+「うっそだー」でサゲにするとは、いやいや恐れ入りました

空腹時

第二二話 「ヨロイビギニング」

天気 曇り
予想通りになった、鎧孤島配信に伴う大会、ヨロイビギニングが今月末行われる
どんなポケモンたちが活躍するのか?模索が続きそうです。

大快挙

天気 晴れ
将棋の藤井聡太七段が棋聖戦第四局で勝利、これにより初タイトルを獲得、史上最年少記録を
30年ぶりに更新する大記録となった、

ピュレグミ2

天気 曇り
ピカチュウたちの絵をかたどったグミ、ピュレグミ第二弾が登場した、早速購入している
フォロワーさんもいるようで、コンビニなど気軽に購入できる点はありがたい

七月場所開幕

天気 雨
大相撲が次の日曜から開幕、それも観客ありでの開幕である、これまでより動員数は激減するものの
これにより力士もより力を発揮できそうだ。

日曜の音楽

天気 曇り
日曜日の夜にやっているクラシック音楽館、様々なクラシック音楽を2時間も提供してくれる、
昨晩も良い曲ばかりでした、これを自室で楽しめるのもいいですね。

新アニポ感想 「英雄伝説!ダンデ最強バトル!!」

天気 曇り

あらす

キバナとダンテの試合観戦後、サトシはガラルカモネギをゲットする、

 

感想

サトシが特訓している姿は日常茶飯事ですが、ゴウも練習中、カモネギに野球のバット素振り練習を

彷彿とさせる描写です、そこにサクラギ所長が訪れダンテの試合が見られるチケットが配られる

 

キバナとダンテの試合である、キバナの強気なキャラ性に加え、キョダイマックス同士の演出をみるだけでも

とても見ごたえはありますし、まして音楽もジム戦が用いられているのですから尚更です

 

ダンテは若いトレーナーが挑戦することを楽しみにしています、これは原作でもそうなっていますが

アニメの場合、サトシというキャラが出ています、ダンテはダイマックスバトンを持たずしてピカチュウを

キョダイマックスさせたうえに、頂点である自分に挑むことを決意し、今回改めて自分が頂点にたつことを

誓っています、キバナが務めるジムリーダーに挑む選手といい、そうした挑戦をすることの大きさを

ダンテはなにより大切にしているのでしょうね

 

原作で需要な人物とされるローズにソニアが登場します、しかも英雄伝説についても説明がされます

原作と違い、ガラル以外の地方も回っている今作において、どこまで触れるかは未知数とはいえ

いいかえれば、各地方を回っているにもかかわらず、わざわざ英雄伝説の話、それもキョダイマックスとの

関係性や自分が助手であることの説明までされていることを見れば、ローズとソニアがかかわる重大な

局面をアニメでも手掛けてくれる確率は極めて高いといえるでしょう。

 

後半ではガラルカモネギが大きな話となります、前回二本立ての話が用いられましたが、今回もそれに

類似した展開がなされています、以前ダンテの試合はやっていますので、細かい説明が不要であることも

確かですが、ガラルカモネギにここまで丁寧に描写してくるあたり、こうした二分割展開も

新たな試みとして出てくるのかもしれません

カモネギ同士のバトルができると、最初はゴウが挑みます、しかしこのガラルカモネギがとてつもなく

強い、そこで今度はサトシが挑む、しかも挑戦者はやる気満々のリオルである

そのリオルも不利状態に陥るが、サトシはリオルがまだ戦えることを、リオル自身があきらめていないことを

読み取り挑戦を続けます、特訓を密かにしていたことをゴウに公開しますが、その中でリオルが今どういう

心境なのかも彼は学んでいたのでしょう、ポケモンと心を通わせバトルをするのが彼の十八番ですが

それは出会ったばかりのリオル、そしてその行為が斬新にみえるゴウからすれば斬新といえるでしょう

それだけ彼はポケモンのことを観察しているといえます

 

だがサトシの凄みは、それだけではなかった、なんと対戦相手であるガラルカモネギも応援してしまう

ゴウも驚きを隠せないのですが、これもまたサトシらしいでしょう、どんな時でも全力で挑む、それは

相手でも同じ、持っているものをすべて出し尽くす、それこそがバトルであり、何より相手を敬うことで

ある、なぜならバトルは会話であるから、それは以前彼が教えた台詞です、熱血のガラルカモネギにおいても

その全力を見せてほしいと、敬意を払っての応援といえるでしょう

バトル好きでは説明できない、尊敬の気持ち、彼の礎にあるポケモンを思う気持ち、それが当然のように

後押しするピカチュウといい、会話において、相手を重んじる言動ができるサトシは肖るところが

あるでしょう。

 

因みにですが、今回橋の上で戦い、最後に立ち往生してやられたのが、弁慶に準えていると

ツイッターでにぎわっていました、歴史が苦手な自分ですが、簡単にとはいえ調べてみました

リオルが義経の幼名牛若丸で、ガラルカモネギが弁慶に準えていたようです、弁慶はそこまで

999本の太刀を貰っていて、あと一本で千本とされる寸前、そこに牛若丸が登場、軽く行けると踏んだが

軽い身のこなしで橋の欄干を活用する牛若丸に敗れ家来になるそうです、この軽い身のこなしと

欄干を活用するというのもリオルとサトシに類似していて、999本の太刀を集めるほどの尽力がある

弁慶が仲間に加わったことで、どんな展開になるかも楽しみです。

本日の放送の中から選ぶ珠玉の一枚を選ぶ今週の一枚、今回はソニアです、かなりテンション高めな

キャラですね、再登場率も高めですが、今後このキャラ性がどう動いてくれるのか?楽しみです。

今週

蒸し暑さ続く

天気 雨
日本列島を梅雨前線がよこわたっていることもあり、毎日雨、そして湿度の高い日が続く
こうなるととても過ごしにくいし、体調不良にもなりかねない、まだまだその日が続きそうで
油断ならない

ロケット団

天気 雨
ポケモンGOにてロケット団のムサシとコジロウ・ニャースが登場している、しかも後になったとは
いえ、本人の声も収録される予定らしい、配信以降進化と人気を続けるポケモンGOの飛躍は
これからも続きそうだ。

スーパードンキーコング

天気 雨
スーファミオンラインで、スーパードンキーコングが帰ってくる、スーファミ時代によくCMは
見ていて一目は置いたものの、やっていないソフトの一つだ、せっかくなので、配信されたらやってみたい

大雨続く

天気 雨
岐阜と長野県に大雨特別警報が発表された、それ以外の地域でも、川の水位があがるなど
警戒状態に暫くなりそうだ。

20年

天気 雨
今から20年前の平成12年、FF9が発売された日である、初めて自分の財布で購入した
ゲームであり、ビビ人形は今でも健在だ、システムは分かりやすく、独特なキャラクター
そしてなにより命の尊さを伝える物語が印象的であった、

まるで正月気分

天気 雨
昨晩NHKEテレにて、クラシック音楽館見ていました、ニューイヤーコンサートの再放送
みたいな感覚です、まるで正月が来た気分で、素敵な音楽に酔いしれました。

新アニポ感想 「はねろ!コイキング」 「かぶれ!ヤドキング」

天気 曇り

あらす

コイキングの跳躍勝負で準優勝になったゴウ、戻らなかったコイキングはヤドキングの頭部に戻ってきた

 

感想

終始ギャグ展開祭り、ギャグアニメならまだしも、ポケモンでここまでできるとは、声優さんたちも

さぞかし楽しく収録できたのではないかと思います。

 

サトシやゴウと関わることがなかったロケット団から始まり、暇を持て余した彼らがガチャを回し

今回が豪華二本立てであることを紹介、まさかの司会進行役を担うとは、尤も前作でロイヤルマスクの

試合などを司会進行していたのですから、不思議ではありませんが、こうした役として登場するのも

極めて斬新です

 

前半はコイキングの跳躍大会に出場、ゴウがゲットした主ポケモンだ、これの練習に用いられた器具は

ご丁寧には同じ題目でゲームにあるはねろコイキングで、まさかのボディービルダー演出までこなしている

どうやら今回の注目キャラカスキングを担ったオードリーの春日さんご自身が、ボディービルダーを

されているそうです、絵は絵コンテさんが担当されますが、あの練習シーンで声を吹きもむのに

本当にやっているかのように入れる辺り、春日さんの手腕は凄まじいです、まさかサトシとゴウの

ボディービルダー場面を見られるとは

ゴウとカズキングは大会で決勝戦として対峙、だがゴウのコイキングはなんと宇宙空間まで跳躍

そのまま戻ってこないことにより失格、しかもこの前半を何故かサトシが台本をもってしめるという

落語でもそうそう見られないサゲである。

 

後半はヤドランの調査、どないやねんヤドンが流れる異様な光景から始まるが、カップラーメン登場で

さらに加速し始め、ヤドキングの頭部にあった貝殻が抜き取られ、サトシに装着、その結果彼の

摩訶不思議な演出が続く、カタカナ語連発で、ゴウのわけわからないはある意味納得、サトシだけど

どこか違うのが演出だけでなく、声でも表現化され、松本さんの声優力にただただ脱帽です

 

ゴウやピカチュウ・ラビフットに交互に装着されるギャグ、しかも彼らも全員キャラが際立っているのだ

しかも仕上げとして再びロケット団とカズキングが登場するという展開

ここまで全力でギャグ展開をもってくるだけでも相当勇気のいる選択です、ましてこれにポケモンを

折り込ませなければならないのですから、また関わらないロケット団で始め、ロケット団で終わらせるという

見せ方、そしてドラえもんやちびまる子ちゃんのように前半と後半で其々話をもってくるなど斬新な

展開が詰まっていました

 

20年以上続くアニポケでは礎を大切にしながらも常に斬新を遂げてきました

後輩が登場するAG・悩みや葛藤を情熱的に描写するDP・新ポケモンがひしめき、尚且つ〇〇編と

細かく枝分かれしたBW・BW2、サトシに好意寄せるヒロインが登場するXY・XY&Z

学校があり、終われば戻ってくるサンムーン

今作では地域がすべてに広がり、実際にもあるWCSや階級制度が用いられた、そして今回のギャグ展開

ちゃんとポケモンを面白く見せてつつ、常に新しいことを始める、ギャグに目が行きがちな今回ですが

そこには、常に挑戦を続けるスタッフさんの尽力が見られました、

 

本日の放送の中から選ぶ珠玉の一枚を選ぶ今週の一枚、今回はラビフットです、進化直後の素振りから

すれば、こんな姿を見られるのは予想外、いやぁ~この顔も含め、本当に終始楽しかった、久々に

笑った気がします

カイロス

大雨

天気 雨
梅雨も中盤に差し掛かってきたところで、九州などで大雨になっている、情報に留意しながら
生活していきたいところだ。

鎧鉱石

天気 曇り
今月始まったポケモンランクマシーズン8、参加賞には鎧鉱石も投入、マスター到着となると
一気に30個も入手できるらしい、混沌化する今季、果たして抜け出せるのか?

徐々に

天気 曇り
USJやディズニーランドが再開するなど、徐々に活気が戻ってきている、個々でどのようにこれからの
新生活をすればよいのか問われているさ中である、それは新しい自分にあえる機会かもしれない。

令和2年後半戦

天気 曇り
今年もあっという間に残り半分になってしまった、上半期が始まった当初、まさか新型コロナで
これほど影響がでることなど、だれが予想しただろうか?
下半期は平穏であってほしい。

読書感想文

天気 雨
読書感想文の話題がツイート上で燃焼していた、どうやら読書感想文が必要で歩かないかとの
論議が上っているらしい

小学生のころ、最も苦手な宿題がこの読書感想文だった、普段から本を読まないゆえに、目次から
次がすでにしんどいという上なほどひどい有様である

現在ではネット上で電子書籍もあるが、問題は読書感想文を通して何をしたいかでしょうね
本を読む習慣なら本の種類を問う必要はなく、個々が得意とする書籍でやればいい話ですし
文章表現を鍛えるのなら、極端な話アニメや映画でも構わないはずだ

ただ読書感想文をすることだけに固執していないか?読書感想文をもって何をしたいのか?
そこを気を付けて宿題として出してほしいところですし、個々の感想を重んじてほしいところだ

カフェミックスの世界

天気  晴れ
ポケモンカフェミックス配信を記念した商品が紹介されている、以前のポケとるもそうであったように期間限定かもしれない、かわいいのも多いので要チェックかも?

新アニポ感想 「命爆発バトルフェス!VSメガルカリオ!!」

天気 雨
あらす

サトシはバトルフェスに参加し、優勝、スーパークラスへと階級を伸ばした

 

感想

初めてのカロス地方に訪れるゴウは順調にポケモンをゲット、フラベベの花模様が違うのを其々

ゲットするというポケGO形式ならやってみたい要素ですね、コルニの祖父と出会う、ゴウはまだ

ポケモンバトルに不慣れな状況ですが、ラビフットはポケモンバトルが好きそうなうえに、咄嗟の判断も

出来ている、それはルカリオのトレーナーでいい反応であったことや貪欲が良いことを称賛されます

 

ラビフットと別れそうになる回において、ゴウはぎりぎりになってサトシに相談し、もっと早く話せと

二つ返事で協力していきます、無論ゴウは今回の話でメガシンカオヤジに話しているように友達であることを

認めていますし、信頼もしています、彼のバトルで無茶苦茶が始まったのを、興奮もしていました

けれども、いざ自分が何かしら大きな決断をしなければならないとき、ゴウはまだそうしたことに

どうすればよいかわからない感じでしょう、これはむしろサトシが優れいて、殆どの人間がゴウのように

迷ってしまうのも当然でしょう、だからこそサトシという刺激はもちろん、こうした称賛からもっと

自分を伸ばそうとする強さとして身についてくるでしょう、ラビフットの問題もまだ解決したわけでは

ありませんから、ゴウが少しずつ成長するきっかかけ、ポケモンの種類だけでなくそうしたものもゲット

していくでしょう

 

そのゴウにとってお手本となるのがサトシです、

ブロスター戦ではピカチュウの電気技が封じられたとわかれば、別の技で即座に対応していきます、この

判断力だけを見ても、序盤から相当優れていることが伺えます。

 

そしてコルニと再会、XYを知らない人にもしっかり解説として回収され、リオルが見学としてピカチュウと

共に学びを得ていく展開もいいですね

 

コジョンドとゲンガーの試合では、意外にもコジョンドの活躍が光る、そしてカイリューが登場します

積み技である「りゅうのまい」をコジョンドの蹴り技で回転を加速する結果に、これはコルニが計算外

だったか、はたまたサトシがそこまで計算して手を打っていたのか読み取れないですが、一瞬のサインすら

見逃さない彼なら後者の可能性も大いにあるでしょう

 

慎重な立ち回りに、コルニはらしくないと伝えます、これはXYでサトシがダンスバトルを実際のジム戦で

用いて失敗したあのシーンに準えているのでしょう、過去作も配信してまでの力の入れようですし

コルニの性格からしてもこの台詞をもってくることはそう違和は感じません

ただサトシはアローラで、バトルはもちろん、それ以外の様々な経験が覇者たる所以だったのですから

彼に新たなバトル確立ができているということが分かりますね、

 

 

強力な「はどうだん」よけにサトシが編み出した戦略は「ぼうふう」これにより、岩ステージの岩をも

武器にするといういかにも彼らしい戦略ですし、これもXYではどうだんふうじをやったように、あらゆる

ものも味方にしていく戦術です

仕上げはお互いの全力技をぶつけ合い、サトシの勝利、一話完結で、しかもゴウのことも書かなければならない

制約の中で、ここまでの作画と盛り上げをしてくれるとは、

 

本日の放送の中から選ぶ珠玉の一枚を選ぶ今週の一枚、今回はサトシです

カイロス


メガシンカと対面し微笑んでいます。より全力で出来ることを喜んでいるんですね、
以前コルニがメガシンカのことで挫折し、修行した時も、より頑張れると励ましていきます
彼のそうした逆境にこそ、より奮起できる強さは琴線に触れるところでしょう
一枚で見えてくる彼の礎ですね

第二一話 「激闘日本一決定戦2020」

天気 晴れ
オンラインの形となった今年の日本一を決める大会の予選、初陣は相手からの技が急所にあたって
しまい本来なら耐えられるはずのダメージを突破され撃沈、2戦目は互いに優劣と劣勢がおなりなす
ギリギリの戦い、辛うじて勝利し、勝負を五分に戻す。

第二一話 「超変化時」

天気 曇り
ランクマッチの来月は大幅に変わる、鎧の孤島にでるポケモンが参加できることは予測していたが
なんとテラキオンやウーラオスまで参加可能となる、これまでにない変化が起こりそうだ。

ポケモンユナイト

天気 雨
昨晩発表された新作情報、それはポケモンのLOLともいえるポケモンユナイトである、チーム戦で
戦い、世界でもかなり有名なゲームである、日本でこれをより流行しようという戦略であろう
いったいどんな旋風が巻き起こるのか?

ポケモンカフェミックス

天気 晴れ
ポケモンカフェミックスが配信されました、音楽良し、とてもかわいらしいポケモンたちが勢ぞろい
序盤から難しいなど頑張りがいのあるゲームです

64

天気 晴れ
今日は任天堂64が発売された日らしい、マリオ64にマリオカートにと沢山楽しんできた
かなりの立体に戸惑いながらも、とても深い思い出も多かったです。

第二〇話 「ダイキノコを回収セヨ」

天気 曇り
来月からランクマッチの環境が変わる中で、エースバーンをはじめキョダイマックスできる
ポケモンも増えてくる、そこで大事なのが、そのダイマをするのに必要なダイキノコだ
これを集めるのがア容易ではない、ランダムで登場するうえに、広大な場所から見つけ出す
必要がある、何とか大量に集めなければ

新アニポ感想 「休め!ロケット団!」

天気 晴れ

あらす

休暇のためシンオウ地方のリゾートエリアに来ていたロケット団一行はサトシたちに協力したダラ

 

感想

ムサシ・コジロウ・ニャースのアジトにマトリから連絡が入る、休暇の知らせである、これは必ず遂行

するようにと伝えたれたダラ

 

一行が訪れたのはシンオウ地方にあるリゾートエリアダラ、そこで休暇を満喫…のはずが、偶然前を通り

かかったのはサトシとゴウ、この辺りにいる主と呼ばれるポケモンを調査しにやってきたダラ

 

サトシたちに思わず道案内をし、ピカチュウが目の前に居ながらにして、何もできずにもどかしさを覚えるダラ

だがまたしても出会ってしまうダラ、今度は主を釣るための店舗前、釣りに詳しいコジロウの血が騒ぎ

懇切丁寧に教える一方、ムサシはスケボーで急接近するトレーナーから救ったダラ

改めてお礼を伝えられるも身動きできないダラ

 

同じ穴の狢で三度彼らは出くわすダラ、釣中とてつもなく力強い感覚を覚え。共に引っ張り上げるダラ

これによりゴウは主コイキング捕獲に成功するダラ、だが直後ホテルの方で異変が発生ダラ

マトリ率いるロケット団部隊がポケモンを略奪、効率の良さからもうまくいったが、屋上から

聴いていたムサシたちは。自分たちが休暇と称して排除されたことを知ってしまうダラ

 

ピカチュウを奪われたサトシ一行と、排除されたムサシたちは協力するダラ

(因みにロケット団のポケモンたちがダイパ仕様でギンガ団のポケモンになっていたダラ)

 

実はコジロウが発信機を取り付けていて、それを頼りにアジトを発見、ゴウが捕獲したばかりの

主コイキングで気をそらせ、その間に捕獲されたポケモンたちを救出、ここでもコジロウの能力が際立ち

なんとピッキングでいとも簡単に成功、捕まっていたポケモンたちと、ジュンサーも登場し

マトリたちは撤退を余儀なくされるダラ

休暇を満喫したかのように装い改めてやる気になったムサシたちと、サクラギパークの天井をも

超えるコイキングのはねるで満悦終了ダラ

 

今回のムサシたちは休暇の取り方がとても上手ダラ、ピカチュウを奪う機会は何度も訪れていた

一度捕獲しておいて、休暇が終了後など時間をおいてから通達すればよいはずダラ、それをせずに

態々台詞で「ニャーたちは休むのが任務」という文言もいれている、ムサシも任務を忘れて楽しむ

ことを話していたダラ、彼らは普段から計画性は優れていて、休み方がうまく取れないといわれている

日本でお手本となるダラ

まして彼らは普段はいいキャラ、あくまで任務としてポケモンたちを奪うにしかすぎません、それは

前作でリーリエの記憶を奪うのを拒むところにも表れていますし、この時も発言として正義の悪であって

悪の悪ではないことを伝えている、彼らは仕事としてこなしているだけですから、ポケモンが好きな彼らが

それを根底から蔑ろにすることはできないのでしょう、元々の育ちがいいことから、根が良いのも

相まっているダラ

例えば今回でいうなら、あくまで休暇を言い渡されているにすぎないのに、コジロウは釣りを丁寧に

伝えますし、ムサシがスケボートレーナーから救出する方法も、横にずれるなどいくつか方法がある中で

最も安全なピカチュウを持ち上げるという方式を用いていたダラ

釣りの時は、なぜニャーたちがこんなことを?と話しますが、実はこの台詞以前にも見られました

それはAG時代に、サトシたちと離れ離れになり、ポケモンたちだけで食事をすることになった際

ウソハチが固いものが食べられない、そこでニャースがそれを柔らかくする仕事を担います

終盤でも、手伝ったことに当然のことをしたまでと話します、ばれないようにするためとはいえ

根がいい人であること、あくまで自分たちが休暇を楽しんでいる人に過ぎないことを貫いていたダラ

仕事と休暇の切り替え、彼らの器用さだけでなく、こうした面も優れていたことが分かったダラ

皆も休みを満喫するダラ

 

本日の放送の中から選ぶ珠玉の一枚を選ぶ今週の一枚、今回はピカチュウ、水面で遊んでいる

スクリーンショット (5)

カイロス

ピカチュウが可愛かったダラ(くしゃみも可愛かったダラ)

今月ようやくダブルへ

天気 晴れ
毎月リセットからシングルでやっているランクマ、先月やら先々月はあっさりとマスターにたどり着いた
だが今月は思うように勝てず、苦汁を飲む形に、ようやく数日前から風が吹き始めマスター到着
だが安心はできない、今朝からはダブルも始まった

猶更盛り上がりたい

天気 雨
今日からプロ野球が開幕する、当初の開幕からかなり遅れた上に、無観客試合となる、それでもテレビ
ラジオに今ではネット中継もある、そうした方法で直接会場にいなくても選手に声援を送ることは
出来る、勿論選手たちもそれは知っているはず故、今年はいつもと違う盛り上がりを見せてくれるだろう。

第一九話 「鎧の孤島」

天気 雨
鎧の孤島を冒険してきました、師匠のおじいさん、とてもいいキャラです、弟子の成長がたのしみだと
アニポケもそうですけど、あの年代キャラはいい人多いですね
教え技あり・ぼんぐりあり・専用図鑑ありと、またやること多そうです。
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

記事検索
最新コメント
読者登録
LINE読者登録QRコード